良い入れ歯とは?

 見た目も重要ですが、まず第一に良く咬めることが必要です。そのためには、しっかり顎に密着して動かない入れ歯でなければいけません。
 ご自身の歯がたくさん残っていれば、小さい入れ歯ですみますのであまり問題はないのですが、逆にご自身の歯が少ないと、入れ歯が大きくなり、動きやすくなるので、大変です。
 いかにして、動きの少ない入れ歯を作るかが、腕の見せ所となります。
当然、お口の形態を忠実に再現するために個人個人に合わせて、丁寧に型を採ります。入れ歯の大きさを決定するので、型を採る範囲には熟練の技が必要です。また、型以上にかみ合わせを丁寧に決定しないと、良い入れ歯は出来ません。つまり各工程を慎重に進める必要があるのです。

 完成しても、それで終わりではなく、使って頂いてから微調整を行います。つまりそこから入れ歯との良い関係を築いていくのです。良い入れ歯とは使える入れ歯です。