ごあいさつ

平成7年5月に当地で開業して、20年が過ぎました。
未熟な私ではございましたが、できる限り周辺地域の皆様のお口の健康に貢献する事ができたと思っております。今後は、さらに疾患の予防にまで一歩踏み込んで、取り組んで行ければと思っております。皆様のご協力に感謝申し上げます。

治療から予防へ

年齢とともに虫歯や歯周病などによって歯を失う確率が非常に高くなります。たった1本の歯を失うことで、歯(咀嚼)の機能が失われ、食事の際における不自由さや健康への影響とともに、外見上にとっても大きな影響を及ぼすことにもなります。

痛い歯や虫歯を治すことをメインにしてきた従来の歯科医療から、今、時代は自分自身の歯で生涯 食物がおいしく食べられ、いつまでも若々しい笑顔を保つことができる健康維持や審美面までをトータルに考えた予防にウエイトをおいたデンタルヘルスケアの時代へ変わりつつあります。

歯が痛くなった、歯ぐきから出血するから通院するのではなく、今ある健康な歯を大切に守り、一生自分自身の歯で食べることができるよう、プラークコントロールや歯の健康チェックを定期的に行い、歯を失う大きな原因である歯周病の予防と治療に努めていただくのが当院の理想です。

インプラントはすばらしいですが、できればご自分の歯を使いましょう
よく取れる差し歯や、根っこだけが残っている歯を引っ張り出して、再度かぶせ直しをすると、ハズレニクイ良いものができます。矯正的に挺出させるといいますが、最終的にかぶせるまでは2ヶ月くらいを要します。当院でもインプラント治療を行っていますが、その前の歯の保存的手段としてチャレンジするのも良いのではないでしょうか?
患者さんはわかっていない
歯を失う要因の主なものは、虫歯と歯周病です。虫歯は治療すれば治りますが、歯周病は毎日の歯ブラシが最も重要な治療なのです。歯科医院に来て歯石を取ったから、それで歯周病は治ったと考えておられませんか?いくら定期的に歯石をとっても毎日、毎日の効果的なブラッシングにかなうわけがありません。もしブラッシングが苦手とおっしゃる方には、音波振動ブラシをお勧めします。効果は抜群です。
中川歯科医院 外観
当医院の外観です。撮影日は風が強かったですが、快晴でした。道路からこんな風に見えます。